メニュー
CADdoctor

CADdoctor


  • 設計効率化
  • 設計/開発/エンジニアリング
  • CAD/CAM/CAE

異なる3D CAD間のデータ変換を基本とし、CADデータに潜む問題の修正や受取側CAD及びツールに合わせた修正を対話的に行う事ができます。
また、多彩なオプションを利用する事により、形状変更、改変等も可能です。

  • 概要
  • 基本機能
  • 製品構成
  • 利用シーン

CADdoctorの概要

3D CADデータ変換・活用支援ツール

CADdoctor(*1)は、PDQガイドライン(*2)に準拠した検証も可能な3Dデータ変換ツールです。

高い技術力と長年の実績に基づいて、高精度のデータ変換、PDQ検証、修正を行います。

またCAD/CAM/CAE/DMUだけでなく、3次元測定器、3Dプリンタ(RP装置)などとシームレスなデータ連携を実現します。 ぜひお客様の各業務の効率化にお役立てください。

対応CADは、CATIA、Ideas、NX、Creo(ProE)といったハイエンドCADはもとより、ACIS、Prasolidなどのカーネル・レベルにも対応していますので、SolidWorks、SolidEdge、Autodesk InventorなどのミッドレンジCADのデータ変換も可能です。

また、データ変換だけでなく、解析や設備設計のための形状簡略化機能、金型設計のための製造要件検証機能など、実際の3次元設計に必要な機能も数多く兼ね備えています。

3D CADデータ変換・活用支援ツール

(*1): CADdoctorは、株式会社エリジオンの製品名または商標です。
(*2): SASIG(JAMA・JAPIA)のPDQガイドライン。

基本機能

CADdoctor基本機能

1)データ入出力:
IGESをはじめ、豊富な中間ファイル形式やCADのネイティブデータに対応しています。

2)データ検証:
インポートされたモデルの不具合箇所は、検証アイコンを押すだけで自動的に検出します。

指定された変換先システムに応じてトレランス値や検証項目が自動的に設定され、そのシステムにデータを渡す際に問題となる不具合箇所を検出します。
CADdoctorでは、用途に応じて2つのモードでデータの検証を行います。

■データ変換モード:
データの修正ツールとして用いる時には、相手先システムへデータ変換する際に問題となる項目を検証します。

■データ検証モード:
SASIG(JAMA/JAPIA)発行のPDQガイドラインに対応したチェック項目に沿って不具合箇所を検出します。データ品質のチェックツールとして用いることができます。

3)データ検証:
検証機能により検出された不具合は、自動修正機能を用いて簡単に修正することができます。
修正方法が複数ある場合は、ユーザーが不具合箇所を確認しながら対話的に修正することができます。
ユーザーは表示されたアイコンの中から修正方法を選ぶだけで、複雑な操作は不要です。

CADdoctor基本機能

製品構成

機能の詳細および価格につきましては、弊社までお問合せください。

機能1:形状簡略化機能

形状簡略化機能を用いることにより、フィレット、穴、ボス、リブ、面取り(チャンファー)などの形状を削除し、形状を簡略化することができます。

隣接するフェース群を一面化する機能も搭載しており、CAE解析などに最適なデータを簡単な操作で作成することができます。
また、EX4.0から複数部品からなるアセンブリデータを、穴や隙間を埋めた上で内部に含まれる余計な部品を削除し、ソリッドとして抽出する機能が追加されています。
機能2:外部ファイル比較機能

外部ファイル比較機能は、2種類のファイル間での形状比較が行えます。

CAD/CAM/CAEの各システムで形状を変更した際の精度確認や変更箇所の特定も可能です。

※注) 異なるファイル形式の形状比較には、各ファイル形式の入出力オプションが必要になります。

機能3:形状変形機能

形状変形機能は、指定部位の移動・変形やルールに従った大域変形を可能にします。

ユーザーのノウハウや解析計算の結果などから得られる情報(変形箇所、変形量、変形方向)を、専用モデリング機能に指定することにより、形状変形ができます。

機能4:複数ファイル変換機能

ウィザードでの一連の検証/修正/変換作業を、バッチ処理で複数ファイルに対して実行することができます。

機能5:ポリゴン機能拡張

ポリゴンデータの品質を検証し、不具合がある場合にその修正を行うための機能です。

細かい凹凸があるポリゴンデータを滑らかにするスムージング機能や、データ容量を軽量化する間引き機能を備えます。

機能6:リバースエンジニアリング機能

実物の製品(試作品や量産品)を3次元測定器で測定して得られるポリゴンデータから、NURBS面を生成して3次元データを作成することができます。

高い自動化率を実現しており、短時間で曲面生成が可能です。また、複雑な輪郭の曲面作成にも対応していますので、最適な面構成、面数でのCADデータ作成が可能となります。

機能7:生産要件検証機能

樹脂金型を設計・製作するにあたって、金型として加工できない部分などを検証する機能です。

金型の抜き方向を指定することで、キャビ・コア・スライド部分を自動で認識し、製品成型性、金型成型性、金型構造の整合性を容易に検証することが可能になります。また、設計者にフィードバックするためのレポート作成機能も備えています。

利用シーン

利用シチュエーションと機能オプションの役割は下図の通りです。

パートナー

関連する製品・サービス

    • PLM/データ管理

    3DEXPERIENCE

    3DEXPERIENCEは、様々なアプリケーションを利用することができるプラットフォームです。モノづくりに関連するすべての情報は、データ基盤であるEN...

    • 3DCAD

    CATIA V5

    PLM製品の中心に位置するアプリケーションの一つです。企業の持つマンパワー、ツール、ノウハウ、およびリソースを統合するための基盤となっており、自動車/...

    • 3DCAD運用サポート

    Q-Checker

    欧米日の自動車/航空機メーカーで採用されているCATIAデータ品質向上支援ツールです。メーカのデータに対する要求を満たすためのチェックのみでなく、自社...

    • 3DCAD運用サポート

    xCompare

    CATIA V5に統合されたアプリケーションで、データ変換することなく、フィーチャーベースで精度の高いデータ比較を行う事が可能です。3次元形状のみなら...

    • 3DCADカスタマイズ

    CAVA

    ドイツの自動車メーカが仕様を策定し、世界各国の法規制、規格に合わせた自動車設計検証を効率的に行うために開発されたCATIAアプリケーションです。開発・...

お問い合わせ

CADdoctorに関するご質問やご相談はこちら

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモ依頼

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモのご依頼

ページの先頭へ