メニュー
KSWAD np(設計者向けCAEシステム)

KSWAD np(設計者向けCAEシステム)


  • 解析による試作削減
  • 設計/開発/エンジニアリング
  • CAD/CAM/CAE

KSWADは10年以上UNIXベース上で使用されてきた総合設計ソフトです。
KSWAD/NPは数あるプリポストシステムの中でも、設計部門の現場から使いやすさと、解析の正確さで好評を頂いております。

  • 概要
  • その他
  • 稼働条件
  • ダウンロード

KSWAD np(設計者向けCAEシステム)の概要

KSWAD/NPとは

使い易いウィザード形式の解析や、Windowsシステムとのデータ交換、強力な自動メッシュ機能など設計現場の立場に立ったソフトです。 KSWADはWindowsシステム標準のGUIを使っていますので、他のシステムと同様の操作性でご利用いただけます。 また、表示している画面イメージの切り取り、EXCELとのデータ入出力などWindowsシステムとのデータ交換も可能ですので、幅広くご利用いただけます。

解析ウィザード

ウィザードでの解析

ユーザーは解析の種類を選択するだけで解析ウィザードが誘導してくれます。
入力方式にはウィザード方式の他、自由入力方式もサポートしていますので、スキルに応じてより詳細な設定も可能です。

1)解析したいタイプを選択するだけ

解析経験の少ない人やたまに利用する方でも簡単に解析でき、間違いがなく効率的です。実用的な解析タイプをサポートしております。

2)項目毎の解析設定を入力

3)解析に必要な諸条件を入力

4)結果表示
  • コンタ表示
  • 数値表示
  • 変形表示
  • ベクトル表示

上記から表示方法を選択

5)解析結果の表示

ウィザードでの解析領域
KSWAD/NPの特長として、解析ウィザードがあります。
これは、ユーザが表示されるダイアログに穴埋め形式で入力することにより、解析結果まで導きます。
これにより、解析を行ったことのない方やたまにしか使わない方でも、操作手順や詳しい知識がなくても、解析を行うことができます。解析タイプは以下の15種類にパワーアップしました。ますます、便利に使いやすくなりました。

*」はオプションです。別途解析ソルバー等が必要です。

解析機能

自動要素(メッシュ)分割機能

解析には有限要素法(FEM)が使われます。有限要素法では構造物を小領域に分け、その小片(要素)の集合体として解析を行います。
KSWAD/NPでは豊富な要素生成機能があり、用途に合わせた要素作成が可能です。


ソリッド要素自動分割機能
任意のソリッド形状に四面体要素を自動的に作成する機能です。


CAD連繋
解析の形状作成に3DCADを使いたい、製品形状をそのまま解析したい、等の要望に応えるため、KSWAD/NPでは多くのCADデータを利用できるようにインターフェースを用意しています。
ダイレクトインターフェース
CATIA-V5
PTC Creo
Parasolid(x_tファイル)インターフェース
SolidWork
Solid Edge
NX
ACIS(satファイル)インターフェース
Inventor
汎用CADインターフェース
STEP
IGES
DXF
BMI
STL

解析機能
KSWAD/NPは利用頻度の多い線形静解析を始め、熱伝導解析、振動解析などが可能なオンライン・ソルバーを提供しています。また著名な汎用ソルバーのインターフェースも用意されており、解析のあらゆる種類に対応しています。

オンラインで実行できる解析種類
解析タイプ 対応 解析タイプ 対応
静的解析 直接法周波数応答解析
実固有値解析 線形座屈解析
モード法過度応答解析 プリストレス実固有値解析
応答スペクトル解析 定常熱伝導解析
直接法過度応答解析 非定常熱伝導解析
モード法周波数応答解析 ○:対応済み、△:予定

外部の汎用ソルバーを用いて可能な解析種類

解析タイプ 利用ソルバー 解析タイプ 利用ソルバー
幾何学的非線形 MSC.Marc 衝突解析 LS-DYNA
材料非線型解析 MSC.Nastran
MSC.Marc
ABAQUS
NX_Nastran
接触解析
(面接触、線接触)
MSC.Marc
LS-DYNA
NX_Nastran
    樹脂充填解析 3DTIMON

その他

形状編集機能

形状編集機能
KSWADでは、CADから受け取ったデータをいろいろな形で簡易的に編集できます。
ヒーリング機能のサーフェス自動編集やアセンブリ機能のパーツコンポーザをはじめ多彩な機能をご提供いたします。

パーツコンポーザ(アセンブリ機能)

モデルへのサーフェスの貼り付けが可能です
●荷重面(面分布荷重)の貼り付け
●拘束面(ボルト止め)の貼り付け


穴の追加と削除が可能です
●サーフェス内に穴を自動作成

自動的にサーフェス内の閉ループを検索して、穴を作成
●サーフェス内部の穴にサーフェスを作成

穴の追加と削除のどちらも可能


サーフェスのアセンブリと分割が可能です
●サーフェスのアセンブリ

交線計算によりサーフェスを自動修正

●サーフェスの分割

分割するエッジを作成し、エッジによりサーフェスを分割


サーフェス自動修正が可能です
極細サーフェスの削除
幅がゼロまたは非常に細いサーフェス
●微小エッジの削除
●エッジのマージにより削除
ループ修正機能
ループの近接

●エッジの分割
ポイント・エッジのマージにより修正
不連続なサーフェスを連続にする
不連続サーフェス
●不連続サーフェスの隙間を埋める
●不連続サーフェスを分割して接続する

形状機能ヒーリング機能の拡張


CADで作成された形状の微小エッジや微小サーフェスなどを隣接したエッジ・サーフェスと結合することにより削除します。
これにより不要な微小要素の生成を抑制し、綺麗な要素を作成することが出来ます。

 1.微小エッジの削除

 2.微小サーフェスの削除

サーフェス結合.gif

 3.段差サーフェスの連続化

形状編集機能の拡張

サーフェス・モデルの形状を編集する機能を強化しました。
サーフェス延長により、平面サーフェスの指定したエッジを延長することができます。
用途としては、薄肉ソリッド形状のサーフェス化で中立面の接合などに威力を発揮します。

条件設定

条件設定
KSWADでは、お客様のご仕様に応じた、多彩かつ使いやすい条件設定を提供しております。
形状モデル(稜線や面)への条件設定が基本で、簡単な条件設定から直接解析モデルへ設定する高度な条件設定まで幅広い手法をご提供いたします。

【メリット】
CADで条件を設定できます。
リメッシュにも追随できます。
トポロジを維持したモデル変更に追随できます。



拘束条件の設定が可能です


材料設定
・等方性材料
・異方性材料
・非線形材料
・ゴム材料
・磁場材料
・データベース登録(参照・削除機能)
形状特性
・板厚設定
・梁断面特性機能
  (断面積、断面二次モーメント等)
・テーパ梁断面設定
・ギャップ設定荷重条件
等方性材料
梁断面設定
材料データベースより材料を選択することができます。 梁断面は、断面積・断面2次モーメントを直接設定するほかに、16種類の断面より選択することができます。この断面設定機能で 設定すると、リアル断面での表示が可能です。


荷重条件の設定が可能です
面分布荷重
サーフェスまたはエッジに対して分布荷重を設定することができます。分布荷重値は関数で入力することも可能です。
設定例
節点荷重
辺・面分布荷重
トルク荷重(偶力)
物体力(重力・遠心力)
熱荷重


熱境界条件の設定が可能です
熱伝達境界
熱伝達境界条件の設定です。
時間依存や場所依存の設定も可能です。
設定例
熱伝達率 温度
熱流束 発熱
初期温度


応答解析用条件の設定が可能です
設定例
時刻歴荷重 周期荷重
初期変位 初期速度
初期加速度


接触条件の設定が可能です
剛体面設定
剛体面と変形体の設定です。同時に摩擦係数を入力することも可能です。
設定例
接触面設定(マスター、スレーブ)
剛体面設定
摩擦係数設定


対称条件の設定が可能です
1/2モデルで解析の場合

境界条件で対称面を定義

対称面を定義して結果表示


サーフェス間のバネ要素作成及び属性定義が可能です

スカラーバネ要素の属性設定


形状間(節点とエッジなど)を剛結合が可能です
節点とエッジの間に剛体梁要素を作成
節点間(中心点とエッジ上のポイント)を多点拘束により剛結合

ポスト表示

ポスト表示

解析結果のポスト表示には多種、多様な機能をご提供しております。
ご利用いただく方の、様々なニーズに対応できるよう幅広い機能を用意しております。
また解析結果の画像や動画をWindowsのシステムへ出力することも可能です。

基本的な機能
モード図(変形図)
ベクトル図


アニメーション機能

●変形、コンタ等の種々の表示をアニメーションで表示できます。
●解析ケースが1ケースの場合は、結果を内挿して表示します。
●複数ケースの場合は、その結果を連続的に表示します。
●AVIファイルへの保存もできます。


切断面
モデル内部を切断し、領域ごとのコンタ表示が可能です。
等数値面
解析結果の数値の等しい断面でのコンタ表示が可能です。


軸対称モデル表示

軸対称モデルで解析した結果を立体としてコンタ表示します。


対称モデル表示

1/2,1/4で解析したモデルを対称にしてコンタ表示します。


断 面 図

モデル内部の断面を定義して断面上のコンタ表示が可能です。

▲梁の実断面による部材力表示

梁構造モデルの主な機能

梁構造モデルの主な機能
実断面表示での梁応力表示及びアニメーション機能が可能となっておりますので、明確且つ分かり易くサポートいたします。
1)梁要素モデルの作成機能
エッジ、サーフェス上に作成
ポイント、エッジ、サーフェス間に作成
ポイントとエッジ、ポイントとサーフェス間に作成


2)梁要素属性設定機能
Vベクトル設定機能
オフセットベクトル設定機能
ピン結合設定機能


3) 断面形状設定機能
断面積、断面二次モーメント
断面形状直接設定(16種類の断面形状から設定)


4)梁要素実断面形状表示
断面形状で梁断面を設定した場合、実断面形状で表示が可能


5)豊富なポスト表示機能
軸力、せん断力、モーメントの部材力を実断面で表示 梁応力を実断面で表示
(軸応力=軸力/断面積、曲げ応力=モーメント/断面二次モーメント×距離)
梁断面内応力表示

これらの表示は動的アニメーション表示できます。

非線形ウィザード機能

非線形ウィザード機能

ウィザードにより煩雑な作業を省力化し、非線形解析をより簡単に行うことが可能です。
(オンラインソルバーに LS-DYNA を用いて解析)

1)落下衝撃解析機能
 (モデルを剛体面に落下させたときの解析を行ないます。)

■ウィザードの実行例


2)衝突解析機能
 (変形体同士を衝突させたときの解析を行ないます)

■ウィザードの実行例


3)時刻歴加速度解析機能
 モデルの一部に一定時間加速度を与えて、応力伝播などを計算します。
 (落下など外部からの急激な力が掛かった現象を解析します)

■ウィザードの実行例

稼働条件

■ 必要システム

対応OS Windows7以降
対応機種 日本語版Microsoft Windowsが稼働するPC/AT(DOS/V)互換機
CPU intel PentiumIII 500MHz以上推奨
メモリ容量 2GB以上推奨
ディスク容量 2GB以上
グラフィクス OpenGL対応グラフィックスカード

ダウンロード

KSWADをご利用中の方向けに、最新ファイルを提供しております。
詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.ksi.co.jp/kswad/download.html

ページの先頭へ