メニュー
K-CAD PEDRAS AC

K-CAD PEDRAS AC


  • 設計効率化
  • 設計/開発/エンジニアリング
  • CAD/CAM/CAE

業界標準AutoCADをコアに現場志向を追求し、「ドラフター感覚の操作性」、「CADベースの作図機能」、「情報機器ベースの図面管理」など充実した製図機能を標準搭載した使い易い機械系設計ツールです。


K-CAD PEDRAS AC製品終了のお知らせ
日頃より、弊社製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。
ご愛顧いただいて参りました「K-CAD PEDRAS AC」の開発・販売・
サポートを終了することになりました。
正式案内とスケジュールは、こちら(PDF)をご覧ください。

  • 概要
  • 特徴
  • 動作環境

K-CAD PEDRAS ACの概要

K-CAD PEDRAS ACはベースとなるAutoCADの機能はそのままに、K-CAD PEDRAS ACとの併用によりさらなる作図効率を図れるアドオンアプリケーションです。
AutoCADとの高い親和性を維持しながら、AutoCADをより直観的にかつ数少ないオペレーションで作図が行える操作性を併せ持ったソフトウェアとなっています。

特徴

基本作図概念

AutoCADには「図面尺度のない、原寸大作図」など、AutoCAD独特の使用があります。 100% AutoCAD標準データを作成するPEDRAS ACは、これらの仕様に沿いながら最大限、設計者が使用しやすい環境を提供します。   新規に図面を作成する際 「用紙サイズ」・「図面尺度」 を設定します。印刷結果を意識したこの設定をするだけでAutoCADの各種設定をすることなく作図作業に入ることが可能です。   作図を進めていく過程では、図面尺度などの変更の必要性が出てきます。「用紙サイズ」及び「図面尺度」を変更する図枠変更機能により、即座に再設定することが可能です。 (文字サイズも図面尺度に合わせて自動調整しますので、手間をかけることはありません)

シンプル・メニューシステム

メインメニュー

設計者が理解しやすい作業アイテムごとに体系化されたメニューシステムです。
設計ご担当者全員がすぐに運用効果を発揮する即効性をご提供します。

線種プロパティ

設計で使用頻度の高い色、線幅の割付が使用可能です。 操作環境の統一化と素早くワンタッチで切替可能な簡便性を兼ね備えます。

割り込みメニュー

使用頻度の高い「要素削除」「距離計算」「画層切替」などのコマンドを別メニューとして配置し、メインメニューのコマンド選択中においても割り込んで操作可能です。 ご使用に応じてユーザ独自のコマンドの並び替えにも対応しています。

インテリジェントクイックメニュー

必要な時に右ボタンの1クリックのみで割り込み呼び出し可能なため思考を中断させる事なくスムーズな検出操作が行えます。

直線の始終点などの点を指示する場面

基準からのX・Y座標点、仮想交点などの座標指定
要素の長さや角度情報などの取得

コピーなど要素を選択する場面

特定要素のみを選択するための検出条件設定
選択済み要素から、一部を取り消すといった選択方法の設定

シンボリックコマンド

マウスの動きだけで、画面制御(拡大/縮小)や操作の切替が可能です。
(画面制御のためのコマンドを選択する必要がなく煩わしい操作から解放されます)
マウスの右ボタンを押しながら動かすだけで、8種類のコマンドを即実行できます。

レイヤーウォッチング(画層一覧)

レイヤーごとのイメージ一覧表示が可能です。
さらにイメージ一覧表示画面の各レイヤーをダブルクリックするだけで、そのレイヤーをアクティブな作業レイヤーに切替可能です。

3Dモデル作成
正投影図(正面図、平面図、側面図)の形状から立体形状を作成します。
また、作成したデータは3Dデータとして書き出すことができます。

ベルト作成

1.指示したプーリー(円要素)に沿って自動でベルトを作成することができます。
2.異尺レイヤーを意識することなくオブジェクトを指示するだけでレイヤースケールに適合した寸法数値を自動認識します。
3.指示したプーリー(円要素)を移動して指定(長さと角度)したベルト長で作成することができます。

多彩な寸法・編集

マルチ寸法

長さ寸法、径長寸法、角度寸法や面取り寸法など種類の異なる寸法を単一のコマンドで作成することができます。

寸法編集/挿入

指示された寸法を分割して、新たな寸法を記入します。
並列寸法でも挿入部以降の整列を自動調整され段上げ記入になります。

寸法編集/累進削除・追加

文字干渉を回避するために引き出し線は自動で逃げ寸法処理となります。
ファイル変換
ファイル単位またはフォルダ単位で一括変換できます。
DXF → DWG、DWG → DXF、
DXF バージョン変換(例:2018DXF → 2010DXF)、DWG バージョン変換

簡易シミュレーション
選択したオブジェクト同士の要素接触の有無を判定、接触時の移動距離・角度を表示します。
設計者は、平行/回転移動する稼動部分の必要な情報を簡単に得ることができます。

部品欄
図面上に付加された部品情報を自動集計、部品欄自動生成、表計算アプリケーション(Excel)へのファイル出力が行えます。
製図要素機能
幾何公差、溶接記号等の製図記号はもとより軸受け、形鋼等のJIS規格部品、機械部品ライブラリーを標準でサポートしています。

図面管理機能
図面保存時に20項目の属性情報の付加機能があります。
それらの情報を基に図面検索機能等を標準装備しており、図面を効率よく検索・管理することができます。

 

図面検索

図面属性等の各項目を手がかりに目的の図面が速やかに探し出せます。

マルチプレビュー

最大6図面表示が可能で、メインビジュアルに図面を容易に、見つけ出すことができます。

出図管理

柔軟な出図

出力プロッター設定により既存プロッターへの指定や更に各種条件設定を行うことで、柔軟な出力形態が実現できます。
また、複数図面出図は図面検索機能と連動しており、素早い一括出力が行えます。

連続一括出図

用紙毎に出力先プロッターの設定とプロッタードライバーが持つ規定用紙の設定・用紙ずらし量をデフォルト登録が可能です。
これにより、サイズの異なる図面の連続一括出図に対応しています。

動作環境

スタンドアローン/ネットワーククライアント

OS Windows 10 Pro (64bit) 日本語版
Windows 7 Ultimate SP1、Professional SP1(32bit、64bit) 日本語版
CPU Intel Core-i5 2.0GHz以上 (その他各CPUで同等以上)推奨
RAM 8GB以上推奨
アプリケーション AutoCAD 日本語版 ※必須
※K-CADと同じバージョンのAutoCADが必要です。
ディスプレイ 1280x1024 True color
その他 CD-ROMドライブ(インストールに必須)
(スタンドアローンのみ)USBポート
ネットワークサーバー
OS Windows Server 2008 R2 SP1以降
Windows Server 2008 SP1以降(32bit、64bit) 日本語版
Windows Server 2012 R2 SP1、Windows Server 2012 SP1以降(32bit、64bit) 日本語版
CPU Intel Pentium 4以上
プロトコル TCP/IP
※ネットワークインターフェースカード必須
その他 CD-ROMドライブ(インストールに必須)

お問い合わせ

K-CAD PEDRAS ACに関するご質問やご相談はこちら

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモ依頼

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモのご依頼

ページの先頭へ